キャッシングの種類

キャッシングのサービスは、いろいろな会社が提供しています。
howto キャッシングでも少し説明しましたが 大きく分けると銀行系、クレジットカード系、消費者金融系
3つに分ける事ができます。

銀行系と言うのは、銀行が提供しているものです。
銀行の融資と言うと、審査が厳しいというイメージを持っている人も多いでしょう。たしかに、ほかのものに比べると審査は厳しいと言う傾向はありますが、一般的な銀行の融資に比べると
かなり利用しやすくなっています。

クレジットカード系とは、クレジットカード会社が運営しているサービスです。
最近ではクレジットカードに最初からキャッシングのサービスが付帯している場合が多いでしょう。
クレジットカードを持っていればサービスを利用できる場合が多いのです。

消費者金融系は銀行以外の金融機関として古くから経営してきていますが、
最近ではカードローンなどのサービスを提供しているのです。
特徴としては、審査がもっとも甘いと言うことが挙げられるでしょう。

銀行系キャッシングの特徴

銀行系キャッシングの特徴ですが、一般的消費者金融に比べて、
金利が低く、借り入れ限度額が高いことが特徴です。

また、銀行系は、「借入額は年収の1/3以下」という
総量規制の対象外なのが一番の特徴とも言えます。

既に一般の消費者金融から年収の1/3を既に借り入れしまっていて、
もう借りる所が無いといった場合に強い見方となってくれます。

また、銀行が運営しているキャッシング会社ならではの、信頼感と安心感も人気の理由です。

消費者金融系キャッシングの特徴

キャッシングも従来は、消費者金融と呼ばれる貸金業法に基づく貸金業者
融資するキャッシングが一般的でしたが、最近は銀行系と呼ばれる、
貸金業法ではなく、銀行法に基づくカードローンも増えています、
従来の消費者金融系では、貸金業法に基づく融資ですので、貸金業法の規定を受けます。
年間収入との関係を重視する総量規制が取られています。
借入限度額が収入と比例しています。

もう一つ特徴的なのは、支払い利息が日数計算による所が多く、
支払い方法も口座引き落とし以外に多くの様々な返済方法が出来きます。
消費者金融系は金利が高いとの印象が強いですが、
小口の融資金額では銀行系と大きな差はなくなっています。
返済がしやすい点も注目していく必要があると思います。

クレジットカード系キャッシングの特徴

ひとえに消費者金融とはいっても、いろいろな業者があります。
そのうちの一つがクレジットカード系のキャッシングです。
よく、クレジットカードにキャッシング機能が付いていることを
ウリにしているものを見かけることができます。
これの特徴は、街中のATMで簡単に現金をその場で手にすることができる、という点です。

わざわざ店舗まで赴かなくても、町で買い物をしている時に、少し足りなくなってしまった、
そんな時にすぐにATMに立ち寄ってお金を借りるということが出来るのが、
クレジットカード系の最大のメリットです。